<< 陽気なギャングが地球を回す | main | フィッシュストーリー >>
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
 村上春樹さんの小説。
以前カフカも読んだけど、カフカ同様(だったとおもう、たしか)
二つの世界が交互に話を紡いで行くのが面白かったです。
頭の中にそれぞれの話がふんわり浮かんできる感じで読みやすかった。
現実のような、そうでないような
むしろ現実に起きているんじゃないかと思ってさえしまうような
そんな話。